November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「奈良大和路」サイトの取材に行かせていただきました!


「奈良大和路」
のサイト取材で、
奈良を代表する3神社に行かせていただきました。

テーマは、「恋愛成就を願う 奈良のパワースポット」です。

ガーリー気分満載

       ▲春日大社の神鹿(しんろく)さんです。

       シカも、かわいい挨拶をしてくれました 

小学校の田植え体験を取材させていただきました!


米どころ、酒米の産地として知られる兵庫県加東市にて。​
子ども達の稲作体験を取材させていただきました。

田植え体験の次は、稲刈り、おむすび大会​、しめ縄づくりと続くとか。



       元気いっぱい!歓声を上げる子ども達

また、田植え指導にあたった無農薬実践の生産者にも
お話を伺うことができました。

「自然界に​害虫という名の虫はいない。
農薬を使うことは、人間の欲​深さからくる」

と聞いて、納得…。自然との共生について考えさせられました。


執筆&撮影を担当させていただいた記事は、
東大阪新聞のトップ面を飾っています

「海と水のものがたり」に行ってきました!

水都・大阪にふさわしい「水」がテーマの美術展に行ってきました!

その名も「海と水のものがたり」

場所は心斎橋の長堀通に面する大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室。元の出光美術館と言った方が馴染み深いかもしれませんが。

長堀通も、もともとは長堀川の埋め立てにより敷設された道路なんだとかさすが水と深いつながりのあるまちです。


 展覧会は2章から成り、第1章では水面のきらめきや波のリズムなど、水そのものの魅力に迫っていました。

第2章では船や港、川の流れる街景など、生活の場としての水の風景にスポットを当てていました。

異国の大海原から、大阪の街中を流れる堀川まで水のもつイメージはほんと、さまざまですね

うれしいことに、絵に描かれた地点を紹介してのアート&ウォーキングマップが受付にて配布されていました。

なんと、あの佐伯祐三さんや織田一磨さんなどがスケッチされていた場所が入ったマップがもらえる特典がついていたのです。

画家さんらがどんな思いでキャンバスと向き合っていたか。そんなことをイメージしながら歩くのも楽しそう。このアート&ウォーキングマップがもらえるだけでも足を運ぶ価値があります。

現在、
大阪あそ歩などでまち歩きMAPが作られ、ちょっとしたブームになっていますが、これは貴重です


個人的には、木谷千穂さんの『浄瑠璃船』という屏風状の大きな作品に惚れ惚れしてしまいました。ポストカードも購入しましたが、やっぱり実物を目の前にすると、なかなか離れられませんね。素敵でした。
入場は一般でワンコイン(500円)、今月19日(日)まで開催です。

心斎橋に行かれる機会があればぜひ!!

出版ネッツ 関西フェスタ2011、大盛況!!


2011年5月20日(金)、21日(土)の2日間にわたり、コープイン京都にて開催した「出版ネッツ・関西フェスタ」は、大大大盛況でした
展示会場への来場者は約250人、ワンコイン・セミナーの受講者は、のべ342人、名刺交換パーティーの出席者は124人。出版フリーランスによる作品展示会、巨大本、ブックフェア、似顔絵コーナーなどなど出版にまつわるクリエーターが大活躍の2日間でした。


今回はライターの大先輩、高野朋美さんがプロデュースするユーストリーム中継のアシスタントに初挑戦

おかげさまで、動画配信のメリットや可能性を大きく感じることができました。感激!






被災地への思いを込めて。
イラストレーターの西出先生が発起人のチャリティコーナー。(写真:上)

出版ネッツのイラストレーターや西出先生の元で学ぶ専門学生、
私の大切な仲間「元気なオカンのべんりみそ」などがチャリティに参画されました。

べんりみそはチャリティ価格にて出展。オール完売と盛況でした。多謝!!
→オカンのブログ紹介記事はコチラ

チャリティ全額が復興義援金として被災地に届けられます。











写真:左)ユーストリーム中継のエンディング
写真:右)出版ネッツ関東、関西メンバーが一堂に集まり一本締め!!

ちなみに。私は2008年のフェスタを機に出版ネッツに入会。
2009年にフェスタの実行委員になって支部委員に。
今回は3度目の大イベントでした。毎回新たな試みが始まり、大きな刺激を受けています。

 出版ネッツに感謝〜!!

花外楼でゴージャスランチをいただきました♪

北浜で幕末より180年続く「花外楼」にて
ゴージャスランチをいただきました。感謝&感激

明治8年、大久保利通・木戸孝允・板垣退助・伊藤博文らが会し
政治改革の合意をみた「大阪会議」の舞台ともなった場所だそうです。本館そのものが歴史資料館のようでした

この7月には老朽化による建て替え工事に入るとのこと。
5月8日には、1日限定で無料で一般公開されるそうです。

ぜひこの機会に、歴史の舞台ともなった老舗料亭を見学してみてくださいね。

もしもの時に 「エンディングノート入門講座」

天神亭きよ身


来る4月12日と22日。ラジオ大阪カルチャーサロンにて
友人@行政書士の生島清身さんが
「エンディングノート入門講座」を開催します。

なんと、彼女のホームページの経歴が目に留まり
カルチャーサロンからご依頼があったそうです。

それもそのハズ。またの名は、落語家の「天神亭きよ美」さん。

暗くて難し〜いと思われがちな話題を、
楽しく、わかりやすく教えてもらえるから。
清身さんのセミナー。私も友人と共に受講予定です。


       ======以下、案内文です======

シニアの方はもちろん、
最近では若い年齢層にも注目され始めた
「エンディングノート」。
大切な家族や友人に伝えておきたいメッセージ、
気になる相続のこと、最期はどのように送られたいかなどを
記録しておくことで、自分らしくそして周囲に不安を抱かせない
人生の最終章となるよういまから準備してみませんか。

もしもの時に役立つ エンディングノート入門講座
講師:生島清身(行政書士) 
 日時:4月12日(火)10:30〜12:00 
 または4月22日(金)19:00〜20:30
 講座料:全1回 2,625円 入会金不要

ちなみに。私は2009年4月より生協さんの葬祭展
12回にわたりレポートさせてもらっています。
生協さんではエンディングノートのことを
「メモリアルノート」と命名し、配布中。
いまの自分を見つめ直す、
きっかけづくりにも繋がっているようです。

今回の講師料は全額、信頼できる団体を通して
震災救援募金に寄付されるそうです。
この機会に是非、ご参加ください!!

環境省@Re-Style 「奄美大島五島内空きびんリユース・ネットワークづくり」レポUP!

 


平成22年度環境省 循環型地域支援事業レポート 第7弾!

近江八幡、岐阜に続き
この1月末に奄美大島に行かせていただきました。

取材させていただいたのは
特定非営利活動法人ユーアイ自立支援の会(鹿児島県奄美市)五島内空きびんリユース・ネットワークづくり

奄美特産の黒糖焼酎の
「島内空きびんリユース活動」についてです。
















また、受け入れ元であった地元NPOさんのおかげで、
貴重な国指定の天然記念物が多く生息する「金作原原生林」
足を踏み入れることができました。

名ガイドさんの案内で、ショウベンノキの樹液が流れる音を
聴診器を使って聞かせていただくラッキーも


黒糖農家さんにて

最終日も、1日1便@奄美大島→関空直行便のフライトまでの
時間を惜しむがごとく、アヤマル岬、地元黒糖農家さんを訪問〜
できたてホヤホヤの黒糖を手土産にすることもできました。

地元のみなさんのあったかい心遣いに感謝、感謝の4日間でした。

まる。

上方落語のメッカ・繁昌亭に「吉野杉はし 右肩上がり」登場!

東北地方太平洋沖地震により
被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

*  *  *



縁のかけはし「マルマツ製箸所」さんのハッピーニュースです。

上方落語唯一の寄席「天満天神繁昌亭」にて
「吉野杉はし 右肩上がり」が販売される運びになりました!


POPも設置され、売り上げも上々

このありがた〜い橋わたしは、私の大切な友人であり
落語家@天神亭きよ美の名をもつ、
きよみ行政書士事務所の生島清身さん。感謝〜

                                 繁昌亭のお土産に!!


繁昌亭のハンジョーは、まさに商売繁盛を願ってのネーミング。
これって、「右肩上がり」の発想とジャストミートかも

大地震の凄まじさが日に日に明らかとなり、おののく毎日でしたが。
今、被災地以外の人ができることは
「募金」「節電」「消費経済の活性化」だと思っています。

まずは、関西から元気を出さなければっ〜。

がんばろう!日本!!

元気なオカン姉妹の春、到来!

元気なオカンのべんりみそデビューから1年で
超・ビックニュースが飛び込んできました。

なんと、関西テレビの人気番組「よーいドン!」にて
商品紹介されることに


構成は、玉造界隈で見つけた美味しいもの。OSAKA旅めがねの代表オダギリさんが、偶然にも「とまと家族 玉造店」にて買い求めたオカンのみそを絶賛。それを番組に持ち込んだことがきっかけだったそうです。


元気なオカンのデビューはちょうど1年前になる1月23日

その頃は、ゼロからのスタート。
チラシ印刷の2,000枚も
「ちょっと多いかも。」と、話していたぐらいでした。
それが、あれよあれよという間に人の手に渡り、
気づけばすっかり無くなっていました。

口コミに始まり、イベントでのブース出店、店頭販売などなど。
この1年、オカン姉妹のたゆまぬ努力には
目を見張るものがあります。

今月初旬には、NEWチラシ を印刷。
べんりみそのお試しセット(2,500円)の発売を機に、
辛さを3種類に選べる形にするべくネットショップを
リニューアルしました。
その矢先、テレビ紹介の朗報!
絶妙のタイミングにも一同驚喜

早や、ブレイクの予感でわっくわくしておりますぅ

姉の初子さんも、大阪日日新聞の「澪(みおつくし)」でコラムデビュー。
来月からは「声のむらお塾」開講と、おめでた続き。
軒並みスゴイです。

オカン姉妹の春は超にぎやか。

満満開になりそうです。

 



関西テレビ「よーいドン!」
放映2月24日(木)AM9:55〜11:15
べんりみそが映る時間は10時前後の予定

手織り作家グループ「ゆめおりーず」 サイトOPEN&記念セール開催中!


まだまだ寒い日が続きますね。

今日はアトリエ・デコのKIYOKOさんが所属する
手織り作家グループ「ゆめおりーず」のサイトを
ご紹介させていただきます。

「手仕事を楽しむ人とのつながりをもっと広げたい」
そんな思いから6人の作家さんから成る
ネットショップが1月10日OPENしました
 
   

一昨日の出版ネッツ新年会にて。
KIYOKOさん作の手織りマフラーを巻いて、
「巻き巻き4姉妹」での撮影を画策していたのですが…。
しゃべりに夢中で、すっかり失念してしまいました
帰り際、あわててH氏に撮ってもらったのが
上の写真の2ショットです。

わたしはオレンジの変わり糸がポコポコと飛び出す
ユニークなマフラーを愛用。
イラストレーター@もろずみさんは赤・オレンジ・ピンクと
華やかなマフラーを愛用されています。
色白フェイスとよくマッチしています。
どちらもKIYOKOさんが丹精込めて織られたマフラーです。

さすが手作りとあって、手触りも巻き心地もふっかふか。
心まであったかになります

KIYOKOさんはアトリエ・デコを主宰。
数多くの著名な本のブックデザインを手がける華麗なる
ご経歴の持ち主。私が所属する出版ネッツの
大先輩でもあります。
デザイン会社経営のかたわら、手織りを習い、
いつしか2足のわらじに。その多彩ぶりにも脱帽です。

そうそう。KIYOKOさんの作品は2月の末まで
オープニング価格のようです。
まだまだ寒い日が続くので
一度、サイトを訪れてみてくださいね。

<<back|<234567891011>|next>>
pagetop